医療ローンの審査

保険が利かない自由診療の美容整形や歯の矯正、インプラントなどの治療を受けたいと思っても、想像していたより高額な医療費で貯金や給料から支払うことが無理と悩む人もいるでしょう。こうした治療を受けたいけどお金が払えないときに強い味方になってくれるのが医療ローンです。
医療ローンは、クリニックが提携しているクレジット会社から借りるサービスで、分割払いなどにも対応しているため全額一括払いをしなくてもよいため、返済も楽にすみます。ただし、かかっている医療機関を変える場合は治療費の全額返済を求められることもありますので注意が必要です。
医療ローンはメディカルローンとも呼ばれており、銀行や信販会社などで取り扱っており医療目的に特化したローンです。借りるためには、審査を受けなければなりません。審査を通ったらお金を借りることができます。審査基準や金利などは、金融機関ごとによって違います。

 

医療ローン審査

 

多くの人が利用しています一般的なカードローンと比べ金利は低く設定されていますがその分、審査は厳しくなっています。審査では、勤務先や勤続年数、収入などが調べられます。また現在、他のローンがないか、過去に返済の遅延や未返済がなかったかなども調査され、融資しても問題ない相手であるかの判定を受けるのです。
医療ローンに限らずローンは、安定した収入があるかどうかなどを調べて返済能力を審査するのです。

 

医療機関によっては、金利手数料を負担してもらえる場合がありますので、まずは利用する前に聞いてみることが大事です。返済金額を減らすためには、借り入れする期間を短くすることです。借り入れ期間を短くすることで利息が少なくなりますので、返済総額が低くなります。医療ローンの審査を通れば、高額な治療費が必要な治療も受けることができます。支払えないから治療が受けられないとあきらめる前に、まずは医療ローンを利用できる金融機関で審査を受けてみましょう。

医療ローンは様々な銀行でも扱っています

将来への貯蓄や投資は誰でもそしてどの家庭でも一度は考えるべき大切で重要な問題です。万が一の時に備えておくということは不安を取り除くための手段であって、決しておろそかにしてはならないことです。しかし、たとえ医療保険などに加入していても保障対象外という可能性はゼロではなく、そうなった場合には高額な費用の負担がのしかかってきます。その時に医療費を支出できなければ破産してしまうだけでなく治療を進めることができずに大きなリスクを背負うことも現実には挙げられます。その救済措置として提供されている商品に「医療ローン(メディカルローン)」があります。

 

医療ローンとは、病院をはじめ美容整形や脱毛サロンなどの保険適用外で高額な医療費や施術料を請求されてしまった際に利用出来るクレジットローンを指します。その名の通り医療行為のみに限定して適用されるローンで、治療中や入院中に費用面の不安を軽減してくれるという特徴があります。医療ローンというと主に信販系のクレジット会社の商品というイメージがありますが、実は銀行でも扱っています。お金の借りるという点ではクレジット会社であろうと銀行であろうと月々の支払いに加えて金利分の利息が生じます。気になるのがこの金利ですが、一般的な医療ローンの金利は低めに設定されています。例えばスルガ銀行のメディカルローンの年利は2.5%~7.5%、千葉銀行の年利は5~5.2%などその多くは10%以下に設定されているのがほとんどです。この低金利設定の医療ローンは借りる側としては非常にありがたい商品といえますが、逆に貸す側である銀行側としては少し慎重になる商品といえます。

 

というのも、医療費は保険適用外のものは高額になるケースが多く医療ローンを利用するとなるとかなりの額であるということだからです。貸し倒れにならないように銀行は利用者の審査を慎重に行う必要があり、その審査はそこまで軽いものではないというのが一般的です。カードローンよりも安心して利用出来る銀行の医療ローンですが、それは選択肢の一つであって万が一に備えていくつかの選択肢を事前に調べておくのが良いでしょう。

医療ローンとカードローンどっちがお得?

医療機関へ診療費を支払う必要があるが手持ち資金が乏しい時、利用すると便利なのが医療ローンです。医療ローンはメディカルローンとも呼ばれている、利用目的が医療費の支払いに特化された金融商品です。
医療ローンは病気やケガの治療費をはじめとして、美容整形やインプラント治療、レーシック手術などさまざまな医療行為にかかる費用の支払いに充てることができます。健康保険の適用外となる診療の場合は費用がかなりの高額になることが珍しくありませんが、このローンを利用して医療機関に支払いを済ませ、あとは借入金を分割返済すれば家計への負担を平準化することが可能になるため非常に便利です。

 

医療ローンお得

 

ところで、このようにまとまった出費に充てることのできる金融商品としては、他にカードローンがあります。カードローンはカードを使ってATMなどから借入金を引き出せるローンで、事業性資金など一部の例外を除けば使途が限定されていません。したがって、当然ながら医療費の支払いに利用することもできます。では、医療ローンとカードローンのどちらを利用するのが得かというと、これはそれぞれに特徴があるため一概には言えません。まず金利面に関して言えば、一般的には医療ローンの方が低めに設定されています。また、医療機関の中には金利の優遇措置を設けて利用しやすくしているところもあります。

 

一方、使い勝手の良さという点ではカードローンに分があります。カードローンはとにかく審査が早いのが特徴で、中には申し込んだその日のうちに借入れができるところもあるほどです。支払期限が間近に迫っているような場合は、こちらを選んだ方が得だということになります。両者の最も大きな違いは、医療ローンの場合は提携している医療機関を通して利用申込みを行うため、基本的に借入先を選べないということです。また、返済途中で転院する際は残額の一括返済を求められるケースもあります。ただ、医療機関が窓口になってくれるということは、手続きの面倒が少なくて済むという利点を持っています。

医療ローンは在籍確認ある?

美容整形などの分野では保険が効かないケースが多いですので、高額な支払いになりがちです。高額な支払いになると二の足を踏む人が出てくるために、美容整形をやっているところでは医療ローンがが利用できたりします。医療ローンを使うことができれば、高額になった時にも分割しながら支払うことが可能です。

 

医療ローンを利用する時には審査が欠かせません。審査によって利用者がきちんと返済してくれるのかどうかを判断します。返済してくれなさそうだなと思う場合には、審査によって利用できないケースもあります。審査をすれば必ず通るのかというとそういうわけでもなく、収入そのものが少ない場合や多重債務者の場合などは特に審査が落ちる可能性が高いです。

 

医療ローン在籍確認

 

審査において一番気になっていることとして、職場などに対して在籍確認の電話がかかってくることではないでしょうか。基本的には正社員はもちろんのこと、パートやアルバイトなどの非正規社員であっても在籍確認の電話はあると思っておいてください。審査のために必要不可欠なことですので、黙ってそれに備えた方がいいです。

 

職場に電話をかける時にはローンの保証会社の名称でかかってくることは無いのでその点は安心です。基本的に担当者の個人名でかかってきますので、自分が出れるのであれば出るといいでしょう。勤務先に対してローンを借りることについてはばれないと思っておいてもいいです。

 

在籍確認を行う時には、会社に居なければいけないのかというとそういうわけでもありません。出来る限り会社に居た方がいいですが、会社に居なくても在籍していることが確認できればそれでOKです。電話に出た人が席をはずしているなどのことを伝えることによって、会社に所属しているけれども、今は居ないということが分かります。それだけで在籍確認が完了します。

 

在籍確認は嫌かもしれませんが、医療ローンを借りるためには必要なことですので、そこのところは覚悟を決めるしかないです。