インプラントの医療ローン

歯周病や虫歯が進行してしまうと、もはや治療が不可能となり最後は抜歯しなければならなくなります。抜歯をすると、食事をするのが困難になるのはもちろんのこと、場所によっては見た目が悪くなったり、発音が悪くなったりもします。そのため歯が抜けたままの状態にするのではなく、抜歯した歯に代わるもので治療する必要があります。

 

抜歯した後の治療には、入れ歯とブリッジそしてインプラントの3通りの方法があります。入れ歯とブリッジは健康保険を使った治療が可能ですが、インプラントは健康保険を使うことができず自由診療となります。そのため高額な治療費が必要になります。

 

インプラント医療ローン

 

歯科医院によって治療費は異なります。1本につき20万円以下の激安な治療費を設定している歯科医院もありますが、通常は30万円から35万円が相場です。複数になればその分さらに負担が増えることになります。治療費がないということでインプラントをあきらめている方も多いことと思いますが、医療ローンを利用するという手もあります。医療ローンは目的が医療に限定されている分、フリーローンに比べると金利が安く設定されているのが特徴です。医療ローンを借りることによってインプラントの施術を無事に行うことができるなら、きっと後から治療をして良かったと思うことでしょう。

 

医療ローンを利用するためには、審査を受けそれにパスしなければなりませんが、安定した収入があれば審査にパスするのはそれほど難しいことはないでしょう。通常のローンと同様に頭金を用意し、残りを分割で支払っていくことになります。金融機関によって金利が異なるので、いくつかの金融機関の金利を比較すると良いでしょう。また頭金を少しでも多く用意したり、支払い回数を少しでも少なくしたりすることが金利の負担を軽くする方法として有効です。ただその分月々の支払額が高くなってしまうので、生活に支障がないように注意する必要があります。